神秘的な精油フランキンセンス

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 19:15

こんにちは。

スタッフの栗田です。

 

最近は暑い中にも秋の気配を感じるようになりました。

 

今日はフランキンセンスの精油について書かせて頂きます(*^^*)

 

フランキンセンスの精油は主に中東、東アフリカ、インドなどに自生するカンラン科ボスウェリア属の樹木から抽出されます。

樹木に傷がついた時、その部分を修復するために出る樹液(樹脂)を固めたものから精油は抽出され、日本では「乳香」とも呼ばれています。

 

乳香の歴史は古く、古代エジプトの頃より祈りや儀式に薫香として用いられ、立ち上る煙が天に届くよう神に祈りを捧げました。神殿や宗教的儀式が行われるあらゆる場所で炊かれ、人々の心を落ち着かせ、ひとつにしていきました。

 

新約聖書には、東方の三博士がキリスト誕生に乳香、没薬(ミルラ)、黄金を贈り物として捧げたと書かれており、その価値が金に匹敵するものであったと言われています。


現在でもキリスト教会では薫香に使用され、「神聖な香」としてその歴史を人々とともに歩み、瞑想や心身の浄化作用の手助を担っています。

 

身体への作用は呼吸を深める、呼吸器系の緩和、鎮痛作用、自律神経のバランスを整える、などがあります。

心への作用はリラックス、緊張・不安の解消、集中力を高めます。

 

心身の緊張を和らげてくれる精油のため、瞑想にも使用されることが多いです。

 

フランキンセンスの原料の乳香は、樹木を修復するために出る樹液のため、生命力に溢れ、お肌へもアンチエイジング効果に優れていると言われています(*^^*)

 

精油の歴史にふれると、小さな瓶の中の精油が、大きな世界を見せてくれるようですね。

 

 

夏のお疲れをぜひRONRONで癒してください。

スタッフ一同お待ちしております(^^♪

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM